Home » git » gitにpushされたソースをウェブサーバに配置する

gitにpushされたソースをウェブサーバに配置する

gitにpushされたソースをそのままウェブサーバに配置するhookを作ります。
イメージ。

  1.  開発者がリモートへソースをプッシュ
  2. リモートでhook起動
  3. ウェブサーバでソースをプル

「プッシュされた後に」動作させたいので、hooksディレクトリのpost-updateに処理を書きます。
プッシュ後に実行したいのは、ウェブサーバ上でソースをプルする処理です。
ウェブサーバにあらかじめソースをプルするスクリプトを置いておき、そのスクリプトをssh越しにキックします。

※gitlabで構築しているのでrepositories下のhooksディレクトリを使います。
/var/opt/gitlab/git-data/repositories/bar/foo.git/hooks/post-update

ウェブサーバ上に置く、ソースをプルするスクリプトはこちら。
配置先(/var/www)配下に、フォルダ名をブランチと同名にしたgitクローンを作っておくことが前提です。

/var/www/deploy.sh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です